非上場株式等の納税猶予、担保の提供はここに注意 | 東京の事業承継M&A会社:東京・横浜・千葉・埼玉・大阪を中心に活動/事業承継/企業再編/M&A/合併/企業買収/分割/会社清算/相続/贈与

ホーム>事業承継やM&Aについて > 経営資源引継ぎ補助金(令和2年度補正)フルサポート開始!!

経営資源引継ぎ補助金(令和2年度補正)フルサポート開始!!
更新日:2020年8月14日

■経営資源引継ぎ補助金をご存知でしょうか?

昨今、新型コロナウイルス感染症等の影響で、ご自身の進退を考える経営者の方が急増しました。

そこで政府では、中小・小規模零細企業の貴重な経営資源や雇用・技術を次世代へ引き継ぐ為の促進活動として、M&A(第三者承継)の手数料を最大200万円まで補助する「経営支援引継ぎ補助金」を策定しました。
この補助金、2020年中に『会社や事業を譲渡したい方』、『会社や事業を譲受したい方』にとって、メリットの高い補助金となっております。

【無料相談のお問い合わせ】
ビジネスサクセション㈱ 担当:今村仁
お電話番号:03-6455-4275
メールアドレス:imamura@business-s.jp
⇒無料ご相談のお申し込みはこちらの用紙から行うことも出来ます。

 

 

■補助金の概要

※下記のように呼び方を簡略化させて頂いております。
企業・事業の譲り渡しをお考えの経営者の方・・・・譲渡側
企業・事業の引継ぎをお考えの経営者の方・・・・・譲受側

 

〇補助対象
M&A(第三者承継)時の負担である、「士業専門家の活用に係る費用」を補助。譲渡側・譲受側どちらも申請可能。

〇補助対象経費
M&A着手金、基本合意報酬、成功報酬、財務調査(デューデリジェンス)費用、その他士業専門家への費用など

〇補助上限額
最大200万円(※)

〇補助率
2/3

※譲渡側については、事業譲渡後に廃業を行う場合、廃業費用として最大450万円が加算されます。
※補助事業期間中に経営資源の引継ぎが実現しなかった場合、補助上限額は100万円となります。

【ご参考:経営資源引継ぎ補助金パンフレット】
https://k-shigen.go.jp/download/経営資源引継ぎ補助金パンフレット.pdf

 

 

■スケジュール

こちらの補助金の申請ですが、スケジュール的に大変タイトです。

〇オンライン申請
2020年7月13日~8月22日 ⇒ 申請が始まっています!!

〇交付決定
2020年9月中旬予定

〇補助事業期間
交付決定~2021年1月15日

その為、必然的に今年(2020年)中にM&Aを検討している中小企業・個人事業の方々が対象となります。

【ご参考:経営資源引継ぎ補助金 事業概要 】
https://k-shigen.go.jp/business-summary/

 

 

■M&Aで士業専門家に依頼するタイミングはいつ?

そもそも、M&A(第三者承継)とは、どう進行し、士業専門家がどう関りがあるのか、いまいち分からない…と思われる方も多くいらっしゃるかと思います。下記にて簡単に説明させて頂きます。

譲渡側の業種や規模によって多少の違いはありますが、基本的にM&Aには、下記のようなプロセスを経ます。財務・法務など多くのプロセスで士業専門家に依頼する場面がでてきます。


・お相手探し(企業名が特定されないようなノンネームシートで行われます)
・秘密保持の締結
・交渉(譲渡側の企業概要書などで譲受側が検討)
・基本合意の締結
・デューデリジェンス(財務法務等調査)
・最終契約の締結


専門家が請け負うことで、承継へ向けてお互いの条件のすり合わせや、将来を見据えての計画・節税対策の際などにも、専門的な知識で相談に乗ってくれるため、安心して交渉を進められます。

 

 

■是非、弊社にお任せ下さい

弊社では、上記M&A業務を一貫してお引き受けする事ができ、併せて、「経営資源引継ぎ補助金」のフルサポートが可能です。

現在までスモールM&Aに特化し、多くのM&Aに携わってきました。毎年10件程度の成約実績があり、多くのノウハウを蓄積しています。
また、弊社グループ(税理士法人)では、過去に100件以上の補助金等の申請実績がございます。その経験から公募要領にある「審査項目」に合致した申請書作成のサポートが可能です。

弊社にお任せ頂けますと、結果的にM&A手数料や財務調査費用等が、最大200万円削減できる可能性がございます。

ただし、申請期間が40日と短い為、お受けできる件数・期間を限らせて頂いております。
・受託可能件数:10件受付枠 増加!!
・受付可能期日:~2020年8月11日(火)まで~2020年8月17日(月)まで

是非弊社をご活用頂き、ご納得のいく事業承継へのお手伝いをさせて頂けますと幸いです。

 

 

■お問い合わせ先

【無料相談のお問い合わせ】
ビジネスサクセション㈱ 担当:今村仁
お電話番号:03-6455-4275
メールアドレス:imamura@business-s.jp
⇒無料ご相談のお申し込みはこちらの用紙から行うことも出来ます。

経営資源引継ぎ補助金(令和2年度補正)フルサポート開始!!

 

追加開催!!【無料ズームセミナー】8/12経営資源引継ぎ補助金(M&A補助金)徹底活用セミナー

 

※補助金の概要や、弊社のサポートは上記をご確認下さいませ※

 

8月4日・5日に開催しましたウェブセミナーですが、大変ご好評を頂きましたので、追加開催致します!!

セミナーでは、公募要領の読み解き方から注意点・加点情報、申請フォームを使っての書き方のポイントなど、惜しみなく情報をお伝え致します。

補助金申請期日まで残り日数もわずかです…
是非弊社セミナーにご参加頂き、漏れやミスのない申請書作りにご活用頂けましたら幸いです。


※補助金対象外であります個人でのM&Aをご検討の方、同業の方のご参加はお断り致しております。ご了承下さいませ。

 

<セミナー内容>
1.8/22迄の事前申請で、「M&A手数料200万円補助金」?!
2.M&A着手金、基本合意、成功報酬、財務調査費用が対象
3.採択されるためのポイントや審査項目、加点項目を詳細解説!
4.押さえておきたいスケジュール ~いつの契約、救済措置は?
5.過去同様の申請書100件以上の実績から、マル秘書き方を伝授!
6.売り手企業、買い手企業が今するべきこととは?

日 時:2020年8月12日(水)18:30~19:30(18時15分より接続開始)
場 所:ズームオンラインセミナー(申し込み頂い方に後日、ズームURLをお送りします)
対象者:M&Aの売り手様、買い手様(個人の方、同業の方のお申し込みは不可)
定 員:10名(定員になり次第受付終了)
費 用:無料

 

経営資源引継ぎ補助金ウェビナー

 

■過去開催日時

2020年8月4日(火)18:00~19:00(17時45分より接続開始)満員御礼!!
2020年8月5日(水)13:00~14:00(12時45分より接続開始)

【事業承継やM&Aについて 目次】へ戻る

今村 仁

今村 仁

「節税は義務、納税は権利」がモットーです。
自分の半生について、取材を受けました。

詳しい自己紹介はこちら

メールマガジン

経営者限定!365日経営者無料メルマガ

(このメルマガに登録されますと弊社発行メール通信・FAX通信に自動登録されることをご了承下さい)

会計事務所の方はお断りさせて頂いています。

まぐまぐ!殿堂入り 税金を払う人・払わない人



powered by まぐまぐ!

このページの上部に戻る